What is a charity shop? ーチャリティーショップについてー

こんにちは!私は、Love Charity TokyoのAsamiです!
突然ですが、「チャリティーショップ」とはご存じですか?
日本の原宿や下北沢などで見かける古着屋さんとは少し違います。
日本ではよく見かける古着屋さんやリサイクルショップとは、家庭で着なくなった洋服や使わなくなった物品を買い取り、商品として販売しています。法律的には「古物営業」という業態のことを言います。
一方チャリティーショップとは、皆さんから寄付してもらった物品をボランティアさんの協力を得て販売し、その収益を社会課題を解決するための慈善活動に活用します
(参考:おいくら?
つまり、運営の仕方に違いがあり、チャリティーショップは営利目的ではないことがわかります!欧米では、チャリティー精神がとても主流であり、UKだけでも、オシャレなチャリティーショップがなんと約10,500店舗*もあるんです!
チャリティーショップの特徴
1. 寄付
 皆さんがいらなくなった物品を寄付という形で受け付けています。
 「捨てるのはもったいないから、他に必要な人がいたら使って欲しい!」
 「1度恋に落ちた洋服だけど、着れなくなってしまったから、
  また他の誰かが恋に落ちてファッションを楽しんで欲しい!」など、
 「皆さんの思い出」と一緒に大切に受け止めたいと思います! 
2. ボランティア
 チャリティーショップの目的に賛同してくださった方の協力を得て、
 ボランティアという形で支えられています。
 チャリティーショップのボランティアは、
 新しいスキルやコミュニティーを手に入れる機会にもなり、
 イギリスでは多くのボランティアの方が参加しています。
3.社会貢献
 世界では数え切れないくらい多くの問題があります。
 例えば貧困、ジェンダー平等、災害問題など。
 それらを解決するために活動する非営利団体には、活動資金が必要です。
 そこでチャリティーショップの収益を、チャリティー団体に寄付することで、
 社会問題の解決に繋がります。
 チャリティーショップは収益の使い道を明確にすることも1つの義務です。
助け合うチャリティー精神が日本でも広がり、ファッションを通じて幸せを共有する社会を私たちの手で築き上げていきませんか?♡